食品の販売をする際に知っておきたい法律

法律を守りながら経営しよう

輸入した食品を販売しよう

食品衛生法の検査を受けよう

海外から食品を持ち込む場合は、安全な食品だと証明するために検査を受けなければいけません。
食品衛生法という法律で、きちんと決まっています。
また、食品等輸入届出も提出してください。
無断で、輸入した食品を販売することはできません。
厚生労働省検疫所で、検査を受けることになります。
そこで問題がないと判断された食品なら、安心して販売できます。

日本と海外は、食品安全の基準が異なります。
海外では一般的に販売されている食品でも、日本では安全基準を満たしていないかもしれません。
海外で人気が高い有名な食品だからといって、大丈夫だろうと油断しないでください。
検査の結果が来るまで少し時間が掛かるので、気長に待ちましょう。

どんなものでも検査する

国内の野菜や果物を販売する場合は、検査を受ける必要はありません。
ですが海外の農産物を販売する場合は、検査を必ず受けてください。
海外の食品は、例外がありません。
缶ジュースや、コーヒー豆と言った食品も検査の対象になります。
輸入したらとりあえず検査を受けると思っていれば間違いはありません。
各地域によって、検査を申し込む保健所が変わります。

自分が住んでいる地域では、どこに連絡すれば良いのか調べましょう。
検査に関してわからないことがあれば、すぐ保健所に連絡してください。
すると、検査を受ける手順や対象になる食品を教えてくれます。
面倒だからと検査を受けないで販売すると、トラブルに繋がります。
大変なので、絶対に受けましょう。


この記事をシェアする