食品の販売をする際に知っておきたい法律

法律を守りながら経営しよう

短期間だけ出店する場合

臨時の営業許可をもらおう

お祭りの時に出店を出すなら、臨時営業の営業許可を申請してください。
短期間の経営なので、臨時営業で大丈夫です。
この許可がないと、出店を出せないので注意しましょう。
許可を申請して、すぐに受理されるわけではありません。
信頼できる人なのかじっくり審査されるので、時間が掛かります。
お祭り前に慌てて申請しても、許可を得られないでしょう。

申請すれば大丈夫だと、思わないでください。
受理しましたという結果を得たら、お祭りで出店を経営できます。
有名なお祭りであれば、たくさんの人が訪れます

うまく出店を経営できれば、大きな利益を得られるでしょう。
そのために、早くから準備を進めてください。
ゆっくり準備すれば、許可を申請し忘れません。

出店する場所に気をつけよう

許可を得たら、どこに出店を出すか考えてください。
すでにお店が建っている場所の前に、出店を出すことはできません。
消防法に引っかかってしまいます。
万が一お店で火事などのトラブルがあった時に、目の前で出店を経営していると邪魔になって、逃げ遅れる人が出るかもしれません。
また出店に、火が燃え移る可能性があります。

そのようなトラブルを避けるため、周囲に何も建物が何場所を選択してください。
事前に、どこに出店を出店したいのか決めておきましょう。
お祭りの当日は、自分以外にたくさんの出店が並びます。
出遅れると、場所を取られてしまいます。
夜に行われるお祭りであれば、昼間から屋台の設立などを開始していた方が良いでしょう。


この記事をシェアする